エピレーシックは痛い?

エピレーシックは痛い?

【質問】
わたしは柔道をやっていて、大会でも何度か上位入賞しています。今後も続けていくんですが、視力が悪いのでレーシック手術を受けようと思っています。

そうしたら、エピレーシックという手術法をすすめられました。スポーツ選手にはオススメの手術法だそうです。

ただ、ウワサではかなり痛いとか・・・?



【回答】
フラップの厚さが違うから レーシックも、エピレーシックも、フラップを作ってから角膜をレーザーで削ることには変わりありません。

なのに、レーシックは痛くなくて、エピレーシックは痛みます。どうして、こんな違いが生まれるのでしょう?

それは、フラップの厚さが違うからなんです。

レーシックでは、エピレーシックよりも厚めに角膜を削ってフラップを作ります。これは、角膜上皮という痛みを感じる部分を避けるためなんです。


痛みを感じる部分には傷をつけないのでレーシックは痛まないんです。

ただ、フラップが厚めなために、視力を調節するためにレーザーで削れる分も少なくなるので、強い近視の人はレーシック手術ができないというデメリットがあります。

また、厚めに作るので手術後もフラップが残ります。これは目に強い衝撃を受けるとずれたり外れたりすることがあり、ひどい時には失明の危険もあるんです。

エピレーシックでは、ごく薄くフラップを作ります。痛みを感じる角膜上皮に傷をつけてしまうことになるため、痛むんです。

ですが、フラップがものすごく薄い分だけレーザーでたくさん削ることができます。強い近視の人でもエピレーシックなら視力を回復させることができるんです。

また、角膜上皮は新陳代謝によって新しい細胞に生まれ変わります。薄いフラップはだんだん角膜に接着していって、最後には完全にくっつくのでフラップ自体がなくなります。

フラップがずれる心配もなくなるのでスポーツ選手にはオススメなんです。

さて、問題の痛みですが、「タマネギを切っている時のような痛みが数日間続く」といわれています。手術から3~4日ぐらいは、勉強や仕事は難しいようです。

そして、角膜上皮が再生されて視力が安定するまでにも時間がかかります。数ヶ月は視力が不安定になることを覚悟しておきましょう。長い人では1年ぐらいかかることもあるそうです。

でも、痛みや手術後の不便をガマンした分、エピレーシックにはフラップのずれによる失明の危険はありません。自然の状態の目に戻れるので、安心してスポーツやレジャーを楽しむことができます。

あなたのように、思いっきりスポーツに打ち込みたい人は、やはりエピレーシックを選択した方がいいでしょうね。



Topics

フィード