イントラレーシックとは

イントラレーシックとは

【質問】
レーシック手術の説明を聞いてきました。そうしたら、イントラレーシックやアイレーシックなど、いろいろ種類があることを説明されて、どれを選べばいいのか迷っています。

学生なので費用は抑えたいし、でも、少し高くても危険性の少ない手術の方がいいような気もするし・・・。

考えていると迷ってしまって、なかなかしぼりこむことができません。
病院ではイントラレーシックをすすめられたんですが・・・。



【回答】
よりリスクの少ない手術法 あなたのように、病院で初めてレーシックにもいろいろ種類があることを知ったという人は、きっと多いことと思います。

レーシック手術は日々進歩していて、より安全に、よりリスクの少ない手術法が開発されているんです。

これは、今までのレーシック手術には2つの問題点があったからなんです。1つめは手術後に感染症にかかるリスクが高かったこと。2つめは「医師の技術によって手術の結果にバラツキが出やすい」ということです。


今までのレーシック手術では、超小型の電導カンナのような機械を使って、角膜の表面にフラップと呼ばれる蓋を作ります。

このフラップを開いて角膜をレーザーで削り、角膜の厚さを調節してからフラップを閉じるんです。

問題は、フラップを作る時に使うカンナのような機械です。これは、医師が手動で扱わなければならず、削るのが上手な医師とそうでない医師とでは手術の結果に差が出てしまうんです。

また、目に直接機械が触れるので、どうしても感染症にかかりやすいというリスクもありました。

これらの問題点を解決するために開発されたのがイントラレーシックです。

レーシックとの大きな違いは、フラップの作り方です。イントラレーシックではカンナのような機械は使わずに、コンピューター制御されたレーザーによって自動的にフラップが作られます。

これなら医師の技術によるバラツキは生まれません。なにより、器具が目に触れることがなくなったので感染症のリスクも大幅に低くなったんです。

こうしたことからイントラレーシックは安全性が高い手術法だといわれています。

その分、料金を少し高めに設定している病院もあるようですが、気軽にやり直しのきくような手術ではありませんから、手術後の見え方を考えるならイントラレーシックを選んだ方がいいでしょうね。

神戸クリニックや品川近視クリニックでは、安全性を第一に考えてイントラレーシックを推奨しています。

そのため、普通のレーシックと変わらない料金を設定してします。こうした病院を探せば、イントラレーシックでも費用を抑えることができますよ。



Topics

フィード