医療費控除は、交通費も対象ですか?

医療費控除は、交通費も対象ですか?

【質問】
レーシック手術を受けようと思っているんですが、近くに手術できる病院がありません。

一番近いところでも電車で1時間かかります。これじゃ通院のたびにかかる交通費もバカになりません。

交通費は、医療費として控除してもらえないんでしょうか?



【回答】
交通費も、医療費として控除の対象になるようですよ レーシック手術や、その後の通院にかかった交通費も、医療費として控除の対象になるようですよ。

というのも、レーシック手術はどこの病院でも行える治療というわけではないからです。今のところ、限られた病院でしか手術することはできませんね。

どうしてもその病院まで行かなければいけない、そういう場合は交通費も医療費として認められるようです。


電車で1時間かかろうと、そこに行かなければ手術や治療を受けられない。こういう特別な事情があるなら、交通費は医療費控除の対象になると考えていいでしょう。

逆に、交通費が医療費控除の対象にならない場合もあります。

例えば、近くの病院でもレーシック手術を受けられるけど気まぐれで遠くの病院を選んだ、でも交通費を医療費として認めてくれ、といってもそれは通らないようです。

また、いくら特別な事情があっても、ホテル代などの宿泊料は交通費には含まれません。

レーシック手術には事前検査もありますし、手術当日だけでなく手術後も通院する必要があります。

資格をとるためなどの目的があって、高度な治療が必要な場合は仕方ありませんが、交通費のことも考えて病院を選んだ方がいいでしょうね。

さて、交通費を医療費として控除の申請をするには、領収書が必要です。

でも、電車やバスなどの公共交通機関では領収書を発行してもらうことはできませんね。そういう時は、乗車した日付と、どこからどこまで乗車したのか「乗車区間」を必ずメモしておきましょう。

タクシーを利用した時は忘れずに領収書をもらってください。そして、どこからどこまで乗ったのかをメモしておきましょう。

日付と乗車区間を記録しておけば、税務署で適正な交通費かどうか、すぐに調べることができます。そうすれば、乗車する必要があったとスンナリ認められて、医療費控除として通る可能性が高くなりますよ。

ところで、病院によっては交通費を補助してくれるところもあるんですよ。例えば、品川近視クリニックでは片目のレーシック手術で5000円まで、両目の手術なら1万円まで補助してくれます。こうした制度のある病院もぜひ利用したいですね。



Topics

フィード